64757105_2210165495767787_762981758810456064_n

『頑張った人たちが報われる社会をつくりたい!』
今日は、わたしが政治を志したきっかけをお話させていただきます。
—————————————

大学時代、わたしは社会福祉学を学んでいました。
その際、児童養護施設でのボランティア活動により、
様々な境遇の子どもたちと出会いました。

生まれてきた境遇で、社会に出た際様々なハンディを負う
子どもたち。
わたしは、一生懸命に頑張っているひとりひとりが、
社会にでるときに公平・公正に評価をされていない事実があったことにとてもショックを受け世の中のおかしさを痛感しました。

『頑張った人たちが報われる社会をつくりたい!』
多くの人たちの困難を少しでも良い方向に向けることができるかもしれない、政治の世界を志すようになりました。

今、わたしはこの思いから現場を知ること、
そのために現場を見て、
現場の声を聴いて、
時間の許す限り現場に出ています。

この思いが私の原点となり、
3年前、より家庭的な環境で子どもたちに育ってもらうことを願い提出した、議員立法によって、「特別養子縁組制度の拡充」を図ることができました。

また、今国会では、児童虐待防止に向けての法律も可決され
少しずつですが子どもたちの環境が変化を初めています。