活動報告

三菱広島支部政治活動委員会(4月18日)

56986793_2107095439408127_7374097090726592512_n

三菱広島支部政治活動委員会でお話させていただきました。

統一選前半戦、広島の投票率は40%を切る状況。
政治に関心を持てと言っても…。
「政治で生活が良くなるとは思わない方」と尋ねたところ、1〜2割の方が手を挙げました。
内閣府の調査で「政治が民意を反映していない」との回答が8割もあります。

政治の現場と国民の感覚の乖離は認められた選挙活動にも見られます。
今回、活動範囲が広がった一つに選挙ビラの解禁があります。
時代は5G。新たな情報伝達手段の解禁がペーパーです。
ネットで候補者の政策を見比べることも出来ないとの意見もいただきました。
選挙カーでの名前の連呼も、騒音でしかないとの意見も多いですが、他に活動手段がないと、そこで議論が終わっています。

今日は若い人ばかりでしたが、ニュースを見るツールとして
新聞、テレビで手を挙げる人はゼロ。スマホという方でほぼ全員手が挙がりました。

政治の関心を高めるため、政治家の側がやらなければならないこと、出来ることがたくさんあることを対話をすればするほど多くあることを痛感します。

活動報告一覧へ