活動報告

日本被団協の皆さんと意見交換(5月31日)

34017512_1651221684995507_659632446098112512_n[1]

被団協の皆さんと原爆症認定制度のあり方について意見交換。この問題についても野党が連携する必要があると、私が各党にお願いし、合同での開催が実現しました。2009年当時の麻生総理と被団協で交わされた確認書では「訴訟の場で争う必要のないよう、定期協議の場を通じて解決を図る」こととされていましたが、一向に進展することなく、訴訟が続いています。今回被団協から認定基準の見直し案が示されました。高齢化する被爆者の方が裁判までしなくてはならない状況何とか解消しなければなりません。今回、他党の皆さんの賛同を得ることができ、新たな動きができることは心強い限りです。

活動報告一覧へ