活動報告

参議院総務委員会で質問に立ちました

P1

本日の総務委員会。所管の総務省は行政のオープン化、行政運営の信頼性の確保に取り組む責任省庁です。法案の審査は同僚の杉尾ひでや議員にお任せし、持ち時間の全てを文科省の行政文書管理の問題当てました。本来は文教科学委員会ですが、前事務次官の発言以降、法案が残っているにもかかわらず、与党は開会に応じないとのことで、敢えて総務委員会で取り上げてました。普段はあまり追求型の質問をすることが なく、先輩からは与党のような質問をするなと叱られることもありますが、今日は怒りを込めての質問でした。大臣や幹部職員の対応に、事実は違うと省内から声が上がっています。国民に真実を語らない、説明責任を果たさない、現政権の正当性が問われる重大な局面です。さらに今日は、文科者が認めてこなかった内閣府とのやりとりをした文書について存在を認めるような答弁が。きちんと確認をして対応を考えます。

活動報告一覧へ